「ジュラシックパーク」感想

ジュラシックパークシリーズが大好き❤️

現在、全部でなんと5作品。
第1作目の公開は1993年。

著名な作品なので、タイトルだけでも聞いたことがある人は多いのでは??

こんなにシリーズが続いているとは知らない人が多いかもしれませんね。

恐らく、「怖い恐竜の映画」というのが、大多数の人のイメージだと思います。

…そうです。
恐竜の映画です。

けれど、ただの恐竜の映画ではありません。

恐竜が出てくる映画は、他にもたくさんあると思います。

中でも、ジュラシックパークは、その代表とも呼べる作品で、最も有名な作品でしょう。

その最大の魅力は、なんといっても恐竜達です。

誰もが聞き覚えのある有名な音楽と共に堂々と登場する大迫力の恐竜達。

その登場シーンは圧巻で、何度見ても溜め息が溢れます。

ジュラシックパークを全く知らない人にとっては、ただ、たくさんの恐竜が出てくるだけだと思っているかもしれません。

しかし、この恐竜には一頭一頭、個性があります。
一番有名な恐竜といえば、ティラノサウルスでしょうか。

このティラノサウルスにしても、狂暴なだけではなく、映画の中できちんと意思を持って、性格があるように動いています。

単純に人間を追い掛けて食べるだけではありません。

そして、何よりも私が魅力を感じる恐竜が、「ヴェロキラプトル」という恐竜です。

作中では、ラプトルと呼ばれています。

ティラノサウルスのような大型の恐竜に比べれば小柄でダチョウくらいの大きさなのですが、このラプトルが、とにかく賢くて作中の中でも、全シリーズを通して脅威となります。

このラプトルですが、なんとシリーズを重ねるごとに新たな発見があり、より賢く、より恐ろしく進化していくのです。

恐ろしい恐竜なのですが、ラプトルの仲間同士でカン高い鳴き声を上げて独特のコミュニケーションを取っている様子はなんとも愛らしく、可愛いとすら思ってしまいます。

ちゃんと表情もあるような気がして、会話が聞こえてくるようです。

ラプトルから逃げている主人公達は必死なのですが…どこか憎めない、とても可愛くて愛らしい恐竜達なんです。

そんなファンの心を読んだかのように、なんとシリーズ第4作目となる「ジュラシックワールド」では、このラプトルは、人間の味方になっているのです。

人間との間に絆を芽生えさせ、人間と一緒に敵の恐竜と戦うラプトル。

とてもカッコいい⭐️ですが、複雑な思いも胸に湧いてくるのです。

第4作目である「ジュラシックワールド」ですが、人間が作り出した新種の恐竜が暴れて、その恐竜を倒そうと奮闘するのですが、もともとはラプトルも人間の自分勝手で作り出された恐竜達ですので、その恐竜同士が戦うのはどうなんだ…?と、考えさせられます。

ここまで恐竜の魅力について語ってきましたが、ジュラシックパークシリーズは、全シリーズを通して、とても深く考えさせられる作品でもあります。

第1作目でも、恐竜を人間の手で現代に復活させて見せ物にしようと計画していたり、その恐竜の研究を盗もうとしている人間がいたり…。

どの作品にも、とても自分勝手で愚かな人間が存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です