目先の利回りに惑わされず実質利回りを気にすること。

新聞広告などで不動産投資を見ることも珍しくなくなりました。
あなたは広告に掲載されている利回りの高さに強く惹かれたのではないでしょうか。

現代のように低金利時代では不動産投資の10%の利回りは非常に魅力的です。

マンション経営はそれほど儲かるのでしょうか。
実は広告などに書かれている利回りは表向きの利回りです。

つまり、実際には諸経費などを差し引きますから、数%下がることを知っておかなければなりません。

管理費は建物の劣化を食い止めていくための諸経費です。
その他に固定資産税も支払わなければなりません。

投資を始める場合には、これらのコストをすべて頭に入れておくことが大切です。

目先の金儲けだけを見ていると、失敗してしまいますよ。

また、家賃収入は部屋を借りる人いて初めて成り立ちます。
空室が多ければ、それだけ収入源となります。
記載されているレートが空室率をいかに考慮されているのかチェックを怠らずに。

中古物件なら、現在の空室状況を前提としたレートの掲載が多いようです。
なかには悪質に満室時の利回りを載せているところもありますので、それらに騙されないように。

いかに優良な投資案件を見極め手に入れるかあなたのスキルにかかっています。

また、ローンを組んで不動産投資をする場合には、返済額との相殺を考えてください。
実質的な投資に対する利益を考えるのです。

今は稀にみる低金利ですので考え方によってはフルローンもありかもしれません。
これほど安い金利でお金を借りられるのは日本以外の国ではなかなかないのではないでしょうか?

つまりは、家賃収入と最後に残る不動産の評価を考えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です