SHR脱毛と他の脱毛法(S.S.C、IPL、ニードル、レーザー)を比較してみたよ\(^o^)/

SHR脱毛とは、スーパー・ヘア・リムーバルの略です。

熱をメラニン色素ではなくて毛を作る組織を含む毛包全体に与えて蓄熱して、毛が再生しにくいようにする脱毛方式なんです。

他の脱毛方式に比べて、痛みを感じる心配がないのが特徴です。

それに肌色や毛の色に関係なく施術ができるので誰でも脱毛できるんです。

施術時間や施術期間が短いのもメリットです。そいうった特徴があるのでSHRを導入する脱毛サロンが増えているんですよ。

S.S.C脱毛とは、フラッシュ脱毛のカテゴリーで、スムース・スキン・コントロール脱毛の略したもの。

お肌にとてもやさしく、痛みも比較的少なめな印象ですが、SHR脱毛に比べて、施術期間が長くなってしまうというデメリットがあります。

IPLは、インテンス・パルス・ライトという光を当てることによって毛根のメラニン色素に損傷を加えて脱毛する方式です。

メラニン色素に影響するので、焼けた肌や色黒肌には使えない方法なんです。

脱毛時の痛みもあります。

ニードル脱毛は、以前は主流だったやり方です。

毛穴に針を刺して電気や高周波をビリビリ当てることで、毛根や毛乳頭を粉砕します。

効果は高いのですが、肌に炎症が起きやすかったり、脱毛に時間がかかるのが欠点。

痛みもかなり強烈で、泣き叫びたいほど。

レーザー脱毛は、医療レーザーを使用する方式。

単一波長のフラッシュを肌にあてることで、毛根のメラニン色素に働きかけ、高熱で損害を加えて毛母細胞を一網打尽にします。

IPLと同じようにメラニン色素に作用するので、焼けた肌や色黒には利用不可。

高い出力の光を当てるので、施術時には痛みがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です